お年寄り

病食で健康を管理する

食事

病食の注意点

糖尿病には先天性と後天性がありますが、先天性の場合は一生涯に渡って医療機関を受診する必要があります。後天性の場合は暴飲暴食が原因となり発症しますが、糖尿病には段階があるため、状況を見ながら調整します。初期段階であれば食事と運動管理である程度改善されますが、中期になると服薬やインシュリン注射が必要になります。初期も中期も医療機関に通院する必要がありますが、食事を注意すればある程度の症状に留める事も可能です。糖尿病食はカロリーコントロールが必要であり、常に食材の栄養成分とカロリーを計算する必要があります。そして1食では無く1日で考える必要があるため、糖尿病食は計画的に献立を考える事が大切となります。

取り入れる事のメリット

ただでさえ毎日の献立を考えるのは大変ですが、カロリーを計算した糖尿病食の献立を考えるのは更に大変な作業となります。個人では難しい作業でも、栄養成分が詳細に書かれた本や糖尿病食を提案したレシピ本も出版されているため、活用する事で上手に取り入れる事ができます。毎日考えるのが大変なら、糖尿病食の宅配サービスを利用する方法もあり、効率良く利用する事ができます。宅配サービスは全国各地で展開しているため、電話やメールで申し込んだら即配達されます。宅配サービスで紹介されている糖尿病食は、全て管理栄養士が献立を考えているため、高度な栄養計算がなされています。宅配にも関わらず、医療機関で受けられるサポートが利用できるため、生活に取り入れると便利です。

ポイントを抑える

診察

糖尿病は血液内に使われなかった糖がたくさんあり、これにより様々な影響を示す疾患です。薬以外には食事の順番や運動が大切です。これは糖尿病以外の方でも若々しい体を作るためには同じなので予防も含め普段から気を付けるといいです。

詳細を確認する

要因と種類

医者

最近増加傾向にある糖尿病は大別すれば、2タイプに区分けすることが、可能になります。1型糖尿病および 2型糖尿病というものになります。おのおので、要因が異なりますし、その対応方法についても、相違するものとなります。

詳細を確認する

糖尿の症状と合併症

老人

糖尿病であれば即座にそれなりの治療や生活の改善に着手しなくてはならないのは当然といえます。しかしながら、糖尿病は自分で気付く症状に欠けている点がとても油断ならない疾病で、粛々と悪化する怖い実態を持ち合わせています。さらに、合併症も存在します。

詳細を確認する